女性オペレーター

マンション1棟買いには注意が必要|安心して購入する方法

マンションを所有して経営

集合住宅

区分所有との違い

個人で不動産投資を始める場合、最初は1室だけを購入して賃貸する方法もありますが、マンション1棟買いで経営することもできます。マンション1棟買いとなると、場合によっては数億円にも上る巨額の資金が必要となるため、ハードルが高いと感じる方もいます。しかし区分所有と違って、土地や建物がそっくり担保にできるため、銀行からの融資を受けやすいという特徴があります。また管理会社に任せておけば、面倒な管理を省けるというメリットもあります。ですから手持ちの資金が少ないときは、かえってマンション1棟買いのほうが始めやすい場合があります。逆に自己資金だけでマンション経営を始めたいときは、区分所有のほうが向いていると言えます。

空室リスクに注意

区分所有だと、空室になってしまえば家賃収入が完全に途絶えることになります。それに対してマンション1棟買いの場合は、いくつか空室があっても収入がゼロになることは少なく、安定した経営が見込めます。とはいえあまりにも空室が多いと、ローンの返済が滞ることにもなるため、物件選びは慎重に行なう必要があります。そのかわり経営が順調にいったときには、区分所有に比べて大きなリターンを得ることができます。このほかマンションが老朽化しても土地は資産として残ること、リフォームや入居条件を自分で設定しやすいこと、取得費用や諸経費を損金に計上できるため節税効果があること等も、マンション1棟買いのメリットとして挙げられます。